概要案内 診療内容 デイナイトケアゆうと 訪問看護 イベント Q&A お問い合せ



でぐちクリニックやデイナイトケアゆうとでは沢山の利用者の方たちが、様々な活動を通して楽しんでいます。


<2012.09.26><2012.10.31>
年に数回、貸切バスハイクを企画しています。
今回は9月に福岡タワー、10月に西海パールシーへ
行ってきました。
<福岡タワーでの様子>
エレベーターで地上123メートルにある最上階の展望室まで
昇ると…そこは絶景!!!右を見ても、左を見ても福岡の
街並みが一望でき、一望でき、驚いている方が多かったです。
中には、高い所が苦手で恐る恐る眺めている方もいて、
普段見られない一面が見られて新鮮でした♪
<西海パールシーでの様子>
九十九島遊覧船パールクィーンに乗船してきました!
乗船時間は約50分でしたが、時間より長く感じ、
揺れながら〜ゆっくりと〜クルージングを満喫できました。

どちらも天候に恵まれてよかった♪
<2010.8.17>
暑い日が続き、まさに猛暑でした・・・。そんな暑さを
吹き飛ばせるように避暑地である轟の滝へ行きました。
涼しむことはできたのですが…道中は突然雨が降ったりと
安定な天候でした。
参加された方の中には、数十年ぶりに訪れた方もいて、
当時の思い出話など話されていました。
<2010.8.17>
利用者さんからの提案で諫早市にある、国指定天然記念物
オガタマノキを見に行きました。樹高20m、幹の周りが9.1m、
樹齢1000年以上のようで、オガタマノキとしては日本一のもの
だと言われているそうです。そんな木が長崎にあるんですね♪
大きな大きな木に驚きと感動でした。そんなオガタマノキの下で、何かパワーをもらった!?ような気がしました!!
<2010.6.3>
今年も大村公園へ菖蒲を見に行きました♪
毎年訪れていますが、今年もみなさんからの希望が多かった。この日は暑かったですが園内を散策したり、
日陰で休んで菖蒲を見たりゆっくり過ごすことができました。
<2010.5.14><2010.5.26>
今年度も貸切バスハイクを2回に分けて企画しました!
1回目は雲仙・仁田峠へ。
紅葉の時期に訪れたことはありましたが、この時期に雲仙に咲くミヤマキリシマを見るのは初めての方もいました!!
車内ではガイドさんと共に長崎の懐かしい歌を歌い、
賑やかでした♪
2回目は熊本城へ。ゆうとで熊本へ行くのは今回が初めて!
城内は小さな子供から外国人の方まで多くの観光客が来ていました。
みなさん「きつかぁ」と言いながら目指すは城の最上階!!
眺めはとてもきれいでした☆
<2010.3.24>
キャンプは企画したことがありましたが、1泊旅行は今回初めての企画であり、8名の方が参加しました!
嬉野温泉に行き、旅館では料理が美味しく露天風呂は
「ちょうどよかった♪気持ち良かった!」と満足そうでした。
また、次の日には祐徳稲荷神社へ行き、桜を見たり、参拝したり、お土産を買ったりと各々の時間を過ごすことができました。
このような機会をまた企画し、良い思い出になればな〜と思います。
<2010.3.2>
ゆうとの活動で初めてのイチゴ狩り。摘み方を教えてもらい、
大きなイチゴを探して皆さん夢中でした!
参加した方は摘んだイチゴを手土産に楽しまれたようでした。
ちなみに…当日は雪が降り、大変寒かったです...
<2010.2.6>
高齢化が進む中、転倒を予防することは重要視されており、
全国各地で転倒予防教室が開かれています。
デイケアゆうとでもゴムチューブや音楽を使った運動、
転倒の原因・予後についての話を活動の中に
取り入れています。
みんなで楽しみながら行っています♪
<2010.2.4>
のぞみ公園へ行った今日は暦で立春でしたが…
外は寒かったです。早く春が来て!
と思う今日この頃です。
寒い日が続くため、デイケアでは室内で活動することが
多くなっていますが、今日は気分転換になったんでは
ないでしょうか♪偶然にも飛行機を写すことができました!
<2009.12.7>
冬と言えば…
雪やこたつ、みかんなど思い浮かぶものが
たくさんありますが、鍋をみんなで食べるのは
醍醐味ではないでしょうか?
ゆうとでは12月に入り、鍋の会の活動を行いました!
みなさん「ふーふー」しながら鍋を食べ、
温もりと満たされたお腹で満足な様子でした。
やっぱりみんなで食べる鍋はいいですね♪
<2009.11.7>
人気がある活動です!
初心者の方から以前生け花の先生をされていた方まで
男女問わずたくさんの方が楽しんで取り組んでいます。
今回生けたお花は、ゆうとに通所してから生け花を
始めた方々の作品を載せました。
取り組み当初は、見よう見まねで生けていたのが
今では個性を出した作品に出来上がっています。
<2009.10.7>
今年もおくんちに行ってきました!
出島付近を歩いていると…目の前に龍が!!!
慌ててカメラを手に取り、写真を撮ったり、手を振ったり。
庭先廻りをしている龍踊を一目見られるなんて
ラッキーでした。



<2009.10.3>
今年も恒例の桜ケ丘小学校のバザーがありました。
病院の方と合同で参加し、カレーライスは約270食が完売。
まさに『大盛況』でした!!バンザ〜イ!
創作活動で作ったビーズ細工も販売しました。
初めて参加された方も手伝ったり、他のお店を見に行ったり
と楽しみながら過ごしていました。



<2009.5.12>
涼しくなる時期に合わせてハイキングを行っています。
今回はハタ揚げの名所として知られる「唐八景」。
頂上の展望台に着くと、市内を一望できる景色を見た
参加した方は「よかね〜」
と話し、風が涼しく心地よく過ごせました。
「気持ちいいんだな〜」と思っているとウトウトする方がいて…
見ているとウトウトなる私でした...


<2009.6.27>
歩いて10分程度のところに松山陸上競技場があります。
ゆっくりウォーキングする方やランニングする方など、
自身に合った運動で無理なく行っています。
ベンチもあるので気軽に休んでお喋りしたり。
夏は暑さでなかなかウォーキングをする機会が少なかった
ですが、これから涼しくなるのでお話ししながら楽しくウォーキングしていきたいです。


長崎の梅雨明けは例年より3週間も遅れ、雨に邪魔されて
なかなか進まなかった。
梅干し・らっきょう甘酢漬けがやっと完成しました。
スーパーで手軽に買えるものも、自分たちの手で作るとなると、こんなに手間暇かかるんですね。
全行程で2カ月ですよ!みんなで美味しくいただきます。


海際を通る線路を使った、のんびり景色を楽しむ旅の始まり
です。長崎駅発→佐世保駅までの快速列車。
車内での会話は弾み、駅弁が思い出に彩りを添える。
昔あった田園は無くなり、米軍基地とビルが立ち並んでいた。
はじめて乗る人、10年ぶりに乗る人、どちらにも新鮮な景色に映る窓からの風景は、まるで壁にかかった大きな写真の
ように、頭の中に残っているそうです。


この記事を書いているのは、梅雨明け前の7月上旬です。
梅干は、利用者とスタッフで協力しながら、毎日こつこつと
転がしてきました。
赤シソが出回り始めたので、塩もみして本漬け終了です!
でも…先月梅干と一緒にラッキョウも塩漬けしたのですが、
そのまま食料棚に眠っています。
今でもあの独特の匂いをほのかに漂わせながら、
「気づいて!」と言っているのを、嗅覚の鋭いスタッフは
知っている。(なら言えば良いのに俺)


7月7日七夕の日。
六月下旬から皆で作ってきた飾りが大活躍!
写真のように色鮮やかに飾りつけできました。
当日の夜はあいにくの曇り空でしたが、
皆の願いが届いていますように☆


初夏の心地いい日差しに恵まれながら、佐世保にある
動植物園に行ってきました。
バラ祭りも開かれており…満開のバラが咲き乱れです!
見とれていたら、写真を撮るのを忘れてました!
怖いもの見たさで蛇を見たり、ライオンの鳴き声に驚いたり、
動物園ってやっぱり楽しいですね。
初めて生でキリンを見た方が感想を一言…
「やっぱりキリンは長かった!」


ゆうとの目の前には八百屋があり、スイカが並んでいます。
気づけばもう夏なんですね。
ついこの前干し柿の記事を書いたような気がしていましたが、
季節の移ろいって早いものです。
さて、梅雨入り前の一仕事と言えば…梅干し作り!
各家庭で作り方も様々なようで、いろいろな意見を取り入れ
ながら挑戦しました。出来上がりが楽しみです☆



長崎の祭りの一つに、帆船祭りがあります。
ドライブがてら女神大橋を通り、大型帆船の並ぶ長崎港へ
到着。大型帆船を間近で見るのはやはり迫力があります!
かっこよかった!!
出店を見てまわったり、デッサンをする人もいました。
思い思いに祭りを楽しめてもらえたようでした。


今年の潮干狩りは島原半島にある「神代海岸」に行きました。あいにくと天候には恵まれず、朝からぽつぽつと雨が降って
います。
島原は晴れていますように!そんな思いを抱きながら、
ゆうとを出発。
日頃の行いが良かったのでしょう…雨は上がっていました!
昼食をとったあと3時間ほどアサリを掘りました。
そろそろ掘り疲れてきたなと思った頃に雨が降り始め、
まるで潮干狩りのころ合いを天候が教えてくれたようでした。


ゆうと開所以来初の「貸切りバス」・「九州脱出」と二つの初体験をした今回のバスハイク。
行き先はふぐで有名な「下関」と「関門海峡」です。
巌流島を見ながらの昼食に、門司港でのショッピング。
そして、いつもは睡眠時間の移動中もさすが貸切!
カラオケにDVD鑑賞と移動中も楽しめた少しだけリッチな気分のバスハイクになりました。


バスハイク第2弾は「九州脱出」の代わりにバスガイドさん付で「唐津」へ行ってきました。
いつも昼食は外でお弁当がお決まりなのですが(笑)、
今回は優雅にホテルで「呼子のイカ」を堪能。
そして満開の桜を見物しながら鏡山へ。
鏡山から見る「虹の松原」は絶景で、ガイドさんにばっちり観光案内をしてもらい、心もお腹も「唐津」を満喫できました。


「老い」という、誰もが経験する不安の一方で、「これまでこんな苦労があったけれどもよく生き延びてきた。こんな大切な人や物に出会ってきた」と思ってもらえる手助けになればいいな…。回想法にはそんな思いを込めて、昔話などを語ってもらいながら、懐かしい曲を歌ったり、子供のころにやった遊びなどを行いながら、皆さんと泣いたり笑ったりしています。


長崎市のBigN(野球場)で、ヤクルト対楽天のオープン戦があり、ゆうとからも4名が観戦に行きました。風が強く、少し肌寒い中での観戦でしたが、皆さん「おもしろかったよ!」と感想を話されていました。4月には公式戦もあるそうで…今から楽しみにしている人も多い様です。




先月の5日に行った初詣に引き続き、三社参りも兼ねて福岡の笹栗まで行ってきました。向かった先は南蔵院。大きな涅槃像が一番の見どころで、アメリカの自由の女神とほぼ同じ大きさだそうです。お遍路で有名な四国八十八ヵ所巡りの各所の土が集まっている場所もあり、こんなに簡単に済ませていいのかな?と思いながらも、何名かの人はお遍路修行を済ませてきました!今年は良いことが、いっぱいありますように☆


三社参り第二段です。行先は佐賀県にある「佐嘉神社」。敷地の中に、なんと五つも社があり、開運招福や大願成就にご利益があるそうです。中でも、商売繁盛とくじ当選の「松原恵比寿社」は、当たり恵比寿として人気があるそうで、「目指せ一攫千金!」と、皆さんはりきって御参りしていました。

あけましておめでとうございます。
謹んで初春のお喜びを申し上げます。1月5日に、近くの神社まで初詣にでかけました。御参りをしたりおみくじを引いたりと、例年と変わらぬ新年を迎えられたことを、心から嬉しく思います。利用者の皆さんが、さらに生活しやすい環境を作っていければと、スタッフ一同心を新たにし、頑張っていきます!

12月22日、少し早目のクリスマス会を開催しました。食事会に始まり、ゲームや紅白歌合戦…スタッフからのささやかなプレゼントとして、笑いを盛り込んだ寸劇を行いました。参加された皆さんからは「もうこんな時間ね!」と感想をいただき、時間を忘れて楽しんでいただけたようでした。

今年最後のバスハイクとなりました。
行先は佐賀にある「九年庵」。一年の間に一般公開されるのは、紅葉が色づいた九日間のみだそうです。少し風が強く肌寒くはありましたが、色づいた葉が空に舞う風景は、そんなことを忘れさせてくれるほど綺麗でした。帰途についた車内では、「本当にきれいだった」との感想を皆さん話されており、とても印象に残ったバスハイクとなりました。

この文章を書いている時、外では雪が降っていました。
もう本格的に冬が始まったことを、ひしひしと感じます。さて、ゆうとでは毎年、梅干しやラッキョウの甘酢漬など、いろいろな物を皆さんと作っています。冬と言えば…干し柿☆各家庭で作り方に多少の違いがあるようで、色々な意見を取り入れながら、「ゆうと風」に作りました。早く食べ頃にならないかと、皆さん楽しみにしているようです。

11月1日で去年よりも大所帯となって2周年を迎えることができ、感謝の気持ちをこめて、「ゆうと2周年祭」を開催しました。
今年は去年と違い、料理をすべて利用者さんと一緒に作り、
踊りや歌など、個人の出し物も増え、スタッフの出し物を減らすほど、積極的に参加してもらえました。
笑顔や拍手の渦の中、おなかも心も大満足でした♪

ふれあいバザーは大村で毎年行われる、障害者施設などが主となって集まるバザーです。ゆうとからは去年に引き続き、陶芸や手芸など、日ごろの活動で作った陶器やパッチワーク、編み物のひざ掛けなどをバザーに出しました。たくさんの方に購入してもらうことができ、ゆうとショップは大盛り上がりでした。

デイケア「ゆうと」では、数か月に一度バスハイクを行なっています。9月11日のバスハイクでは、佐賀県の吉野ケ里遺跡まで行きました。高速道を使って移動。途中のサービスエリアでは、青空の下でお弁当を食べました。吉野ケ里遺跡に到着し遺跡内を散策していると、段々と天候があやしくなり…。ポツポツと雨が降り出したかと思えば、あれよあれよと言う間に大雨!雷警報も出たため建物内に避難となり、外に出られなくなりました。2時間弱で雨は止み、雷警報は解除。気づけば皆、靴がビショビショです。今では、そんなことも含めて、良い思い出になっているようで、笑い話のネタになっています。
天候には勝てないですね!

デイナイトケアゆうとは、20代から80代の幅広い年齢層の方が利用しています。そのため、バスハイクを2回に分け、行く場所・休憩時間・歩行距離などを変えています。今回は川棚にある「くじゃく園」まで行きました。帰りは「新西海橋」や「魚魚(とと)市場」を経由。大村湾を一周するドライブとなり、バスからは絶景が見渡せました。車内で過ごす時間が多かったのですが、行ってよかったとの感想をたくさん聞くことができました。

ゲートボールの活動は、毎月2回程度行っています。
開始当初はなかなか上手くいかない人が多かったのですが、最近では相手の邪魔をしたり味方を助けたりしながら、楽しくゲームをしています。ルールも大切ですが、その時を楽しむことを第一にしていければと思います。

8月27日のナイトケアに、早稲田大学の寄席・演芸研究会の方々が、遊びに来てくれました。修行のために全国を回っておられるとのことです。大喜利や漫才を披露してくださり、利用者の方も時折合の手などを入れながら、笑いの絶えない時間となりました。


8月9日は長崎の原爆記念日です。7月中頃から皆でコツコツと折ってきた千羽鶴が完成し、爆心地公園に持っていくことができました。被爆体験や戦争体験を高齢の方々から聞くこともでき、戦争を知らない年代にとっては、貴重な経験になったと思います。

陶芸クラブは、毎週金曜日の午後から活動を行っています。
陶芸の先生が丁寧に指導して下さり、毎回10名ほどの方が参加されています。湯飲み茶碗やお皿、表札なども作り、現在はお椀を作成途中です。作品が出来上がってきた時は、皆さん本当にうれしそうな表情をされています。


ゆうと始まって以来、初めての泊りがけの活動です。7月11  日〜12日まで、市内某キャンプ場で、バーベキューや仲間と の語らい…終わってみれば短い時間に感じました。虫に刺さ  れた人も多かったです。でもやっぱり楽しかった!

デイケアの屋上には園芸クラブで育てた植物が夏の日差しを 浴び、緑豊かに育っています。ヒマワリの花が目を楽しませ、 トマト・ナス・にがウリなどの夏野菜も収穫しお腹も満足です。 秋の屋上はどんな表情を見せてくれるか…みんな楽しみにし ています。

3階フロアの改装が終わり、7月1日からオープンしました。大 きな窓からは、城栄商店街が一望できます。向かいの窓から は、園芸クラブで緑がいっぱいになった屋上が見え、とても開 放感のあるつくりになっています。利用者の皆さんからの評判 も上々です。新フロアを上手に活用し、利用者の皆さんが今まで以上に過ごしやすい環境作りができればと感じています。

1月1日太宰府天満宮初詣に行きました。
家族や知人のためにお参りしたりお守りを買ったりしました。
誰かの心配をしたり誰かの幸せを願えることにそれぞれ幸せを感じた一日でした。

でぐちクリニックは平成18年11月に万才町から、城栄町に移転し、デイナイトケアゆうとの併設、また訪問看護への取り組みなどを行ってきました。平成19年11月1日には、ゆうとの一周年記念の「ゆうと祭り」も利用者のみなさんと開き、賑いました。



出口病院総合TOP 求人 プライバシーポリシー
出口病院
概要・案内 二病棟 三病棟 デイケアゆうば イベント Q&A お問い合せ
でぐちクリニック
概要・案内 診療内容 デイナイトケアゆうと 訪問看護 イベント Q&A お問い合せ